トピッククラスターモデルを利用したコンテンツ戦略

キーワードエクスプローラー SEO情報
SEO情報
この記事は約17分で読めます。

トピッククラスターモデルとは?

  • トピックごとにコンテンツをまとめるサイト構造
  • ピラーコンテンツを中心に、クラスターコンテンツを周囲に配置

トピッククラスターモデルの実現方法

  • トピックの選定方法
  • 内部リンクの貼り方

トピックの選定方法

トピック選定で使えるツール

keywordとParent topic(検索意図)が一致していればOK。

基本的には Parent topic(検索意図) をみて作成しよう。

キーワードエクスプローラー

内部リンクの貼り方

トピッククラスター内だけで、内部リンクを完結させて専門性を高くする。

上位表示の意図がある。

ランダムサーバーモデル。クリックさせるリンクのほうがページのランクを高く受け渡すよと言われている。上の方にリンクをおいておけば、沢山ページランクを渡すことができる。


親愛なる マニッシュドゥダーレジア 氏へ 、あなたの記事を日本のSEOディレクターに届けたいため、日本語に翻訳して提供させてください。


トピックのクラスターがなぜ最も強力なSEO武器なのか(およびその方法)

トピッククラスタは、ここ数年、ブログやSEOで人気のあるトレンドになっています。多くの人がこの戦術について聞いたことがありますが、それを釘付けにした人はほとんどいません。

正しく実行された場合、トピッククラスターは、検索エンジンの結果ページの上部にWebサイトを起動する触媒となります。

まあ、「ローンチ」は正しい言葉ではないかもしれません。健全なトピックのクラスタリング戦略を実装することは、潜在的なスピードのバンプに満ちた長くて退屈なプロセスです。

せいぜい、トピッククラスタを適切に使用することで、検索のランキングとオーガニックトラフィックを改善するための遅い(ただし一貫した)パスに設定できます。

トピッククラスタの定義

まず、トピッククラスタとは正確には何ですか。

基本的に、トピッククラスタはWebサイトに存在する多数のコンテンツであり、すべて共通の包括的な主題(柱コンテンツと呼ばれます)にリンクされています。

単一のユニットとして、すべてのトピッククラスタが機能して、柱のコンテンツに関する包括的な洞察を提供します。

トピッククラスタ

柱のコンテンツは、一般に、検索ボリュームの多い幅広いキーワードに焦点を当てていますが、トピッククラスターは、検索ボリュームの少ない(達成可能な)より具体的なキーワードに焦点を当てています。

たとえば、あなたがソーシャルメディアマーケティング/管理に焦点を合わせているデジタルエージェンシーであるとしましょう。柱のコンテンツの1つは、「Facebookマーケティング」というキーワード(27,100 /月)に焦点を合わせることができます。

この長い形式の作品の傘の下で、次のようなキーワードを中心としたトピックのクラスターを作成できます。

  • 中小企業向けFacebookマーケティング(590 /月)
  • Facebook広告の作成(280 /月)
  • Facebook広告の評価方法(10 /月)

これらのピースは、柱のコンテンツにハイパーリンクされます。

トピッククラスターのSEOの目標は、検索ボリュームが少なく、非常に絞り込まれたキーワードとフレーズの検索トラフィックを獲得することです。理想的には、クラスターを取得できるランクが高いほど、Googleで柱のコンテンツに対する信頼性が高まります。

重要なコンテンツがGoogleによるサイトの理解にどのように役立つか

重要なコンテンツは、ユーザーと検索エンジンの両方にウェブサイトを提示する方法の基礎を築くために機能します。

人間とボットの両方があなたのウェブサイトを見るとき、これらの柱はあなたのサイトがすべてについて何であるか、そしてそれが提供する価値をはっきりと明らかにする必要があります。

HubSpotのウェブサイトを見てみましょう。

HubSpotソーシャルメディアとSEOガイド

上記は、ソーシャルメディアとSEOに関する2つの柱のコンテンツです。これらの投稿を詳しく見ると、それぞれのソーシャルメディアとSEOの傘の下にある、より具体的なコンテンツへの内部リンクがたくさんあることがわかります。

柱のコンテンツであなたの究極の夢は、いつか超一般的な業界のキーワードでまともなランキングを獲得することです。

柱の内容は、メインの主題に関する長くて完全な部分である必要があります。これはGoogleとユーザーにサイトの内容を示すために機能しますが、サポートトピックのクラスターは、主題を完全に理解していることを示します。

柱のコンテンツを作成したら、そこに座って古くならないでください。

できる限り頻繁に、最新のデータ、ヒント、例、専門家の引用を追加して、関連性が維持されるようにします。これらの要素は、Google検索でのランキングの維持に役立ちます。

特定のキーワードボリュームがクラスターを定義する

では、どのようにしてトピッククラスタを作成しますか?

前述のとおり、検索ボリュームの少ないキーワードを使用して、きめ細かなサブトピックの周りにこれらのコンテンツを作成することを目指す必要があります。

しかし、どこから始めますか?

さて、「ぶら下がっている果物に行く」というキーワードのSEO基本的なヒントを聞きました。

理想的には、トピッククラスターを定義するキーワードが線形的に機能し、ランキングを獲得する必要があります。

このモデルから始めたばかりの場合は、トピックの階層を計画して、柱のコンテンツに注ぎ込むのが賢明です。

トピック階層の開発

トピッククラスターを長期的な戦略として使用して、広範で包括的なキーワードの検索ランキングを獲得することについて話すとき、私はドミノで遊ぶように組み立てます。各ドミノは、特定のキーワードの検索ボリュームを表します。

最初のドミノが最小です。ナッジ(コンテンツが検索ランキングを獲得し始めることを意味する)を与えると、理想的には少し大きいドミノをノックダウンし、次に大きいドミノをノックダウンし、それからさらに大きいドミノをノックダウンする、などのようにします。

クリック課金型のウェブサイトを運営しているとしましょう。

あなたの柱のコンテンツの1つは、幅広いキーワード「Amazon広告」に焦点を当てています。

Keywords Everywhere拡張機能を使用して、この用語について、関連するキーワードとフレーズの種類を確認してみましょう。

キーワードEverywhere拡張

よりきめの細かいクラスターを対象とすることができるいくつかの用語が確かにあることがわかりますが、選択できるものはそれほど多くありません。

上位の関連キーワード「Amazonディスプレイ広告」をクリックして、何が表示されるか見てみましょう。

アマゾンのキーワード

これで、もう少し作業できます。

コンテンツ戦略を立てて実行しているだけの場合は、次のようなトピック/キーワードを使用して、ゼロからクラスターを構築するのが賢明です。

  • アマゾン広告サイズ:それに応じてマーケティング計画を作成する方法(20 /月)
  • Amazon広告をウェブサイトに表示するにはどうすればよいですか?(20 /月)

これらのキーワードのランキングを獲得し始める(または最初のドミノをノックダウンする)と、次の投稿は、次のようなトピッククラスターを使用して、検索ボリュームがより大きなキーワードをターゲットにすることができます。

  • Amazonモバイル広告ネットワークはどのように機能しますか?(50 /月)

この用語のランキングが表示されたら、次のトピッククラスタは次のようになります。

  • アマゾン広告キャンペーン戦略のレイアウト方法(140 /月)
  • Amazon製品ディスプレイ広告を作成するためのヒント(月額480)

したがって、このシナリオでは、トピックの階層は次のようになります。

  • アマゾン製品ディスプレイ広告を作成するためのヒント(月額480)
    –>アマゾン広告キャンペーン戦略のレイアウト方法(月額140)
    –>アマゾンモバイル広告ネットワークはどのように機能しますか?(50 /月)
    –>ウェブサイトにAmazon広告を表示するにはどうすればよいですか?(20 /月)

トピック階層は、関連する検索ボリュームと、柱のコンテンツにどれだけうまく結び付けることができるかによって管理されるべきです。

これらの特定の検索用語のランキングを取得すると、Googleはあなたのウェブサイトをそのトピックに関する専門的な情報源と見なします。したがって、検索ボリュームが多い関連用語やフレーズについても同じことが行われる可能性があります。

アイデアは、徐々に大きなキーワードを中心にコンテンツの作成を開始し、最終的には、柱のコンテンツでそれらの包括的な用語のランキングを開始することです。

トピッククラスタの背後にあるユーザーの意図を理解する

あらゆる種類のコンテンツを作成する場合、ゴールデンルールは、常にユーザーに関するものにすることです(そして常にそうなるでしょう)。

この知恵の一口は、ほとんどすべてのマーケティング担当者が今では知っていることですが、その見落としは比較的簡単です。

主な目的は、ユーザーがGoogleに入力する内容と、ユーザーをどのようにして最終目標に到達させるかの間のギャップを埋めることです。

したがって、トピックのクラスタリング戦略に飛び込むときは、人々が尋ねている質問のタイプに関連する確かな知識が必要です。

クリック課金制の例をもう一度使用するために、Ahrefsの質問機能を使用して、この一般的なトピックについて人々が尋ねている質問を見てみましょう。

Ahrefs Questions機能

これらの調査結果を踏まえると、作成するトピッククラスターは、次のような質問に答えるのに役立ちます。

  • AdSenseのクリック課金型料金はいくらですか?
  • YouTube Pay Per Clickの料金はいくらですか?
  • ペイパークリック管理とは何ですか?

等々。

ユーザーの意図」という用語は、おそらく今日のSEOにおける最大の流行語です。あなたがあなたのコンテンツでそれの根に到達するのが上手いほど、それがGoogleからより多くの愛を得るべきです!

相互リンクの価値

サウンドの相互リンクの重要性は控えめに言っても過言ではありません。

あなたの内部リンク構造は、Googleが理解するのに役立ちます:

  • ページ間の関係。
  • ページの値。
  • ページの関連性。

トピッククラスタを使用する主な目的は、検索エンジンにWebサイトをよく理解させることです。トピッククラスターを相互にリンクすると、すべてが柱コンテンツの専門知識に反映されます。

忍者アウトリーチ

いくつかの例外はあるかもしれませんが、トピッククラスターの領域では、相互リンクの大部分を同じ柱のコンテンツの下に保つのが賢明です。

サイトアーキテクチャ

これにより、サイト構造が確立され、リンクの公平性が効果的に広がります。

ラップ

トピックのクラスターフレームワークは大きなものです。理想的には、決して終わらないものです。

適切に計画されている場合、トピッククラスターの統合は、業界の権威を獲得するうえで最も強力なSEOの武器となり、大量の検索ボリュームを持つ一般的なキーワードのランキングにもなります。

トピッククラスターに関して最も重要な考え方は、作成するコンテンツのすべての部分がベクターとして機能し、柱のコンテンツに関する専門知識を固めることです。

トピックのクラスターがランキングを与えるという保証はありませんが、それは正しい方向への長期的なステップです。


この記事は Search Engine Journal に掲載された「トピッククラスターモデルを利用したコンテンツ戦略 」を翻訳した内容です。


トピッククラスターを活用したブログの最適化

親愛なる 伊佐 裕也 氏へ 、あなたの記事を多くのSEOディレクターに届けたいため、一部内容を提供させてください。


HubSpotには、マーケティングやセールス、カスタマーサービスに関するありとあらゆるトピックで書かれた膨大な数のブログ記事がありましたが、分類はされていませんでした。その結果、似通った内容になって内部で競合してしまうものもありました。「インスタグラムの裏技」だけでもブログ記事が10件あり、一部の記事のコンテンツが重複していたうえにURL構造も酷似していたことで、検索結果のページ(SERP)でお互いのトラフィックを奪い合っていたのです。

トピッククラスター導入後

トピッククラスターを使ったブログ整理の目標は、下の図のようなインフラを完成させることでした。

New structure.png

このような整然としたブログアーキテクチャはどうすれば実現できるのでしょうか。その答えが、「ピラーページ」と内部リンクを使ったトピッククラスターの構成です。

Cluster model.png

トピッククラスターのモデルでは、ニッチなキーワードをめがけてばらばらに制作していたブログ記事をトピックエリアごとに分類し、そのトピックに関する全般的な概要をまとめたウェブページを柱に据え、同じエリアに分類される具体的で掘り下げたブログ記事とをハイパーリンクで連結しました。

概要だけではわかりにくいかもしれませんが、例を挙げるとこのような構造です。

ご覧のように、こういったブログ記事はすべてピラーページにハイパーリンクされており、一部の記事間でもハイパーリンクされています。これによってドメインオーソリティを共有し、ひとつのクラスター内にあるすべてのブログ記事がテーマとなっている特定のキーワードに対して上位表示されるようになり、トピッククラスター全体がSERPで上位に表示されるという仕掛けです。

こうした変更は、どのように進められていったのでしょうか。プロジェクトを率いたのは、HubSpotの上級コンテンツ・ストラテジストLeslie YeとSEO担当兼顧客獲得マーケターのBrittany Chin、そして検索マーケティングマネージャーのVictor Panです。この作業には何か月にもおよぶ粘り強い努力が必要でした。一部のブログでは、現在もインフラ改造が進行しています。私たちのアプローチをご紹介しましょう。

ブログ記事を整理し、コンテンツギャップを特定し、あらゆる内部リンクを手動で削除

ステップ1:準備

ブログ構造全体を再編成するプロジェクトへの着手を決定する際には、ちょっとした問題がありました。当時HubSpotのブログにはマーケティング、セールス、パートナー(代理店)関連を合わせると12,000件以上もの記事があったため、新しいブログ構造を導入するには膨大な時間がかかり、トピッククラスターモデルの効果を検索結果で確認できるようになるにはさらに長い時間がかかるということに気がついたのです。

そこで、私たちはセールスブログからはじめることにしました。このプロジェクトが始まった当時、歴史の浅いセールスブログの記事はまだ2,500件ほどしかなかったため、ほかのブログよりも短期間で簡単に再編成ができ、そこで学んだことを活かしてマーケティングブログにとりかかるのが最適ではないかと考えたのです。

最初のステップは、セールスブログの記事データベース全体をトピッククラスター別に分類することでした。ブログ記事に取り上げられている膨大なトピックエリアを抽出したうえで、20~30件のブログを書くのに十分な広さがあり、なおかつピラーページでもある程度詳しい解説ができるほどの範囲に絞り込み、それぞれの記事を振り分けました。

たとえば、「営業」というトピッククラスターは作られていません。あまりに広範囲すぎるからです。ですが「営業メールのテンプレート」というトピッククラスターはあります。ピラーページで詳しく取り上げるには十分な広さのあるトピックで、なおかつこちらのようなブログ記事でさらに深く掘り下げることもできるからです。

ここからもご想像いただけるように、このプロセスにはかなりの時間がかかりました。すべてのコンテンツを見直し、トピックごとにブログ記事をグループ分けしていきました。次のステップは、ピラーページとコンテンツギャップの特定です。

ステップ2:特定

トピッククラスターモデルの素晴らしいところは、コンテンツデータベースを評価して、特定のトピックについてのすべての関連情報を読者に提供できているかどうかを確認する作業が避けて通れない点です。トピックが決まったら、それについて徹底したキーワード調査を実施することが大切です。

コンテンツ評価では、次のような点を明らかにしていきます。

  1. ピラーページはどれか?
  2. コンテンツギャップはどこにあるか?
  3. コンテンツの重複はどこにあるか?

1) ピラーページ

ピラーページとは、読者がそのトピックについて抱えている基本的な質問にすべて答えることができるような、そのトピックを全面的かつ広範囲に網羅したものでなければなりません。具体的な質問をあまりに掘り下げすぎてもいけません。それは枝記事の役割だからです。

このような条件を満たすブログ記事があるかを確認し、もしあれば、そのコンテンツを使ってピラーページを作ることができます。ない場合は一から作りましょう。

2) コンテンツギャップ

キーワード調査を実施したら、トピックに関連するキーワードの中で検索数が特に多いものを選びます。次に、そのキーワードについてのブログ記事がすでにあるのか、または新たに書く必要があるのかを確認します。

キーワードに関するコンテンツがすでに存在している場合でも、ブログ記事をそのキーワードでヒットさせるにはオンページSEO対策が必要な場合があることを忘れないようにしましょう。

3) コンテンツの重複

いくつかのブログ記事でトピックが重複すると、同じキーワード検索で上位表示を争うために順位を下げ合ってしまうことがあります。そんな場合は最も上位に表示されるURLにあるブログ記事に情報をまとめ、ほかのブログ記事にはこのメイン記事へのリダイレクトをつけましょう。

ステップ3:リンク削除と再リンク

おそらくこのプロセスで最も根気のいるステップがリンクの削除です。プロジェクトチームはすべてのブログ記事を手作業で見直し、内部ハイパーリンクをすべて削除しました。これは、ピラーページが完成したときに、そのトピッククラスター内だけで内部リンクをつけることができるようにするためです。こうすることでそのクラスターのすべてのブログ記事とウェブページのドメインオーソリティが改善します。(前述のBarbyは、150単語につき1本のハイパーリンクをつけることを推奨しています。)

この作業にはかなりの時間を要しました。マーケティングブログでこれをせずに済んだことは幸いでした。セールスブログの再編成をする過程で私たちはトピッククラスター構造について多くを学び、最終的にはトピッククラスターページ間の内部リンクづけを自動化することに成功しました。

結果:じわじわと着実な上昇

すでに、データを追跡しているHubSpotブログで、多くのキーワードによる検索順位の上昇が見られるようになりました。最新の分析では、GoogleのSERPで最初のページに表示される複数のキーワード検索で月間閲覧数の増加が確認されています。また、2ページ目や3ページ目に表示される多くのキーワードでも軒並み順位を上げており、今後も継続した上昇が見込まれます。

刷新の意味

SEOの問題は、結果がすぐに出ず、出たとしても必ずしも継続するとは限らないという点です。この実験を進めていた間にも、夏にはこの季節特有のオーガニックトラフィックの低迷があり、Googleの強調スニペット(検索を利用する人がリンクをクリックしなくても必要な情報を得ることができる検索結果表示形式)の人気が上がったことが原因のひとつと考えられるトラフィック減少にも見舞われました。

強調スニペットは、このような形で表示されます。

seo best practices snippet.png

Googleは常に変化しており、トピッククラスターがGoogleのSERPで永久に1位を獲得するための絶対確実な方法というわけではありませんが、このブログ構造を採用すれば、このような新しい方法で検索をする人が増えるにつれて、トラフィックが増加し、SERPでの表示順位が改善するようになるでしょう。

このプロジェクトを率いたLeslie Yeは、「基本的なSEO対策は競技に参加する資格のようなもの。トピッククラスターはレベルアップするためのもの」と説明しています。この新たな戦略は実装に多くの労力を必要としますが、これからの成功の土台として大きな意味を持っています。

トピッククラスターについての詳細は、プロジェクトチームによる次の各記事をご覧ください(一部英語記事)。

この記事は HubSpotマーケティングブログ に掲載された「 トピッククラスターを活用したブログの最適化」を一部抜粋した内容です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました